Archive for 二月, 2012

梦见还在少年的冯和他的同学们,这一次我是访客,一同站在学校走廊上,他和张就在我身边,我语结不知如何招呼。

后来同学们带我去后山,酷似田不似田的女孩,远远地痴痴地望着冯,我问他,你喜欢她吗她低头不语。旁边围过女生,揶揄她,那女孩有点像李。

女孩们推搡她让她去找冯,并试图堵住路口,以为百无一失。我只感觉身后一道黑影,侧眼望去,冯转身消失在一道山墙背后,绕过几个坎,从我们下方的山道,一溜烟跑回学校去了。女孩看着黑色兜帽衫的背影,不语。少年的身影义无反顾远去了。

梦醒,脑海里尽是运动服牛仔裤的身影。那些快乐张扬的少年少女一直是记忆里最灿烂的一个部分~ 虽然由于自己乖张,从未有过交集。午夜,想起年少远去,竟至难眠。

周二  晴转阴

18日从天津回来,直接去了深圳,因为妈妈说要提前给爸爸做清明。自爸爸去后,妈妈精神状态一直不好,极易受惊,有时反应过度,我和弟弟会忍不住苛责。

19日从拜祭场回来,妈妈把去年借给爸爸的手机还我,喜欢把事物黑白分得极清楚是妈妈的习惯。岂止物事,这个世界对她而言,也是没有灰色的。

手机充上店,习惯性打开短信,竟然还留着爸爸最后的短信:你好,我是严慕荣,这是我的新号码,以后请用这个号码联系我。通讯录里联系人不多,看到弟弟的回复很短:为什么换号?里面没有发给我的短信,因为当时我站在他身旁。

而后我一直给手机充电,那号码过期已久,如若不能充值,我将永远不知道爸爸的新号码。只能一直看着这信息,告诉自己他在那里很好,也在想着我们。

「薄茶平点前」

水屋メモ:

1)水屋では、必ずタオルで茶巾をしぼること。

2)掃除:① 掃き掃除大切;② 床からと貴人畳からと二種ある。

3)弱火で釜を乾燥する時、消火を忘れぬこと!!!

点前メモ:

01 お菓子を出す前に、茶道口で室内の状況を確認して、歩数を考えておくこと。

02 左手で棗を取る直前に折り畳んだ帛紗から挟まれた指を出すこと。

03 茶杓を持つ手:親指と四本指で◯を作って、茶杓は人差し指の第一関節まで置く。

04 茶碗を拭く:10時から5時まで。

★ 銘:鶯

客メモ

① 一人客の場合、お菓子をいただいてから、菓子器を上座に避ける。

② 拝見物がでて、襖がしまってから、菓子器を襖の一番遠い端っこに置いておくこと。

③ → 亭主が挨拶に襖を開けて、菓子器をその手で水屋板にかくしておくこと。

初炭メモ

炭:

胴炭、輪胴、(香合台?)、丸毬打(まるぎっちょ)、割毬打、(枕炭?)丸管炭、割管炭、止炭、枝炭

道具:

炭斗(すみとり)、羽箒(はぼうき)、火箸、環、紙釜敷、灰器、灰匙、

準備:

① 炭斗を作って、水屋板に置く。(割毬打2管1割管1丸毬打2止炭1胴炭1香合台1枝炭5+火箸+羽箒+環+香合+△香)

② 灰器に湿し灰を入れ、灰匙をたてて右側に立てかけておく。→水屋板

③ 紙釜敷

炉の掃き方:

【初掃き】 釜をあげて、初掃きをする。

炉口:右縁12→ 向縁−左縁3 →手前縁456

炉縁:向縁—右縁7 → 左縁—手前縁8

【中掃き】灰を蒔いて、灰器を戻して、中掃きをする。

炉口:右縁12→ 向縁−左縁3 →手前縁456

炉縁:向縁—右縁7 → 左縁—手前縁8

五徳:向9→左10→右11

【後掃き】(止炭をついで)炭継がおわって、火箸を戻して、後掃きをする。

炉口:右縁12→ 向縁−左縁3 →手前縁456

炉縁:向縁—右縁7 → 左縁—手前縁8

点前:

1 茶道口で「炭をつがせていただきます」と一礼して、炭斗を両手で持ち出し、炉の下座に座って、炉口の右側に置く。

2 紙釜敷きをわさが懐中になるように懐中して、灰器を左手で胸前に持ち上げて入り、襖をしめる。(★灰匙は右横)

3 灰器を置いたり取ったりするとき、必ず手を二回持ちかえる

4 炉正面に進んで、客付き下座に向かって斜めに座る。

5 灰器を持ち直して、点前畳の左下座(亭主の右後ろ)に置く。

6 炉正面に向き、羽箒を炭斗の左横に置く。

7 環をとって、膝の右側、炭斗の正面左寄り、三目空いておく。

8 火箸を羽箒と炭斗との間に置く。

9 香合を右手でとって、左手受けて、右手で環の右に置き合わせる。

10 蓋を閉める。

11 環をとって、釜に掛け、紙釜敷を出して(右→左→右)身の左前、炉の左斜め横に置き、一膝進んで、釜をあげて、紙釜敷の上に載せる。

12 釜正面に向けて、釜を紙釜敷のまま畳の右よりに引き寄せる。環を外して釜の左横に置きあわせる。

13 炉正面にもどり、初掃きをする。

14 火箸を取って、右膝前で畳について持ち直し、手前の下火を向こうに写す。

15 火箸を炭斗にもどし、炭斗をもち、右斜め向こうにおく(体は動かぬ)

16 客付き下座斜めに向いて、灰器をとり、炉正面に戻る。

17 灰器を炉縁の右に置き、灰匙で灰を掬ってまく。

18 灰匙をもどして、客付き下座斜めにむいて、灰器をもどす。

19 炉正面にもどって、中掃きをする。

20 両手で炭斗を戻して、火箸を右手で上から取って、左手に渡します。

21 右手で胴炭を取り、五徳の左右爪の間に置く。→懐紙で指を清める。

22 火箸を右手に渡して、右膝前で突いて持ち替えて、炭斗の向こう側から毬打、割毬打、毬打の順に→止炭を外して→管炭、割管炭を一緒に→枝炭をその上平行に→止炭をつぐ。

23 後掃きをする→羽箒を炭斗の左上に置く。

24 香合を左手で取って、右掌に載せて、蓋をあけ、火箸でお香を出して、炉にいれる。

25 香合の蓋を閉め、拝見を受けて、そのまま手前で回し、炉縁の右向こうの脇に出す。

26 釜をあげた位置に体を動かして、釜を炉に戻す。

27 紙釜敷の清めてから、懐中する→環を取って火箸にかける。

28 一膝下がって、羽箒で釜の蓋を「ア」の字を書くように掃く。

29 羽箒をもどして、釜の蓋を切る。

30 灰器を下げる→炭斗を下げる→襖を閉める

31 香合の問答をする。(黄交趾の亀形香合、梅が香、鳩居堂)

32 香合を両手で持って、下げて、総礼する。